Ledger Nano S(レジャーナノS)リカバリーフレーズを確認する方法をご紹介

ledger-nano-s-recovery checkhardware wallet

Ledger Nano S(レジャーナノS)を初期設定した時に、リカバリーフレーズ(24単語)をメモしたかと思います。

このリカバリーフレーズは、デバイスを紛失・破損した時、あるいは盗難された時にウォレットを復元するために必ず使用するものとなりますが、

もしかしたら書き取りミスをしていないか?

と気になったことはありませんか?

リカバリーフレーズは一度復元作業をしておくと、正しくメモできているかどうかわかりますが、その他の方法として、Ledger社が提供している

「Recovery Checkアプリ」

でも確認することもできます。

今回はRecovery Checkアプリのインストール方法と、アプリを実際に使ってリカバリーフレーズが正しいかどうかを確認してみました。


Recovery Checkアプリをインストール

はじめにLedger Liveを起動し、メニューのマネージャーを選択します。

アプリ一覧からRecovery Checkアプリをインストールします。

Recovery Checkアプリのインストールが完了しました。

Recovery Checkアプリを使用

Ledger Nano S アプリ選択画面

次にリカバリーフレーズを確認するため、インストールしたRecovery Checkアプリを開きます。

Start checkを選択します。

Enter your recovery phrase(リカバリーフレーズを入力してください)と表示されます。

リカバリーフレーズの単語数を12語、18語、24語から選択できるようになっています。

今回は、24語を選択します。

Enter first letters of word #1と表示されるので、リカバリーフレーズの1番目の単語を入力します。

アルファベットの選択画面に切り替わるので、左右のボタンで選択し、両方のボタンを押して確定し、単語を入力していきます。

いくつか文字を選んでいくと、単語の候補が表示されるので、単語を選択します。

※一度単語を確定してしまうと後戻りできないため、間違えて選択してしまった場合は、はじめからやり直しになってしまいます。

Next, enter lettters of word #2
と表示され、2番目の単語も同じように入力していきます。

これを24単語すべて入力していきます。。。。

最後の24番目の単語を入力すると、

◯ 正しい場合

「Recovery phrase is match」
と表示されると、入力した単語がすべて正しいことを確認することができます。

❌ 間違っている場合

「Recovery phrase is not valid」
と表示されると、入力した単語が間違っていることになります。

まとめ

今回リカバリーフレーズの確認方法として、Ledger社が提供しているRecovery Checkアプリを使用してみました。

単語ははじめの数文字を入力すれば候補が表示されるとはいえ、リカバリーフレーズの単語すべてを入力しなければならないので大変でしたが、

一度正しいことが確認できれば、いざ復元しなければならない時がきても安心です。

リカバリーフレーズを確認したい方はRecovery Checkアプリを使ってみてはいかがでしょうか?

Ledger

フランスのパリに本社を置く企業。Ledgerウォレットは累計販売数300万台以上、世界200カ国以上の方に使用されています。

Ledger公式サイト

ハードウェアウォレットジャパン

Ledger社の日本正規販売代理店。使い方がわからない、何か困ったことがあっても日本語サポートがあるので安心。

ハードウェア
ウォレットジャパン

DMM Bitcoin

暗号資産(仮想通貨)の取引手数料や日本円の入金・出金手数料が無料。
新規口座開設で2000円プレゼント実施中!

DMM Bitcoin

コメント