TREZOR Wallet(トレザー ウォレット)の使い方を解説!送金と受け取りのやり方は?

hardware wallet

ハードウェアウォレットTREZOR one (トレザーワン)を使って仮想通貨の受け取りor送金をするのはなんだか難しいと感じていませんか?

やり方としては、Trezor Wallet(トレザー ウォレット)というブラウザーインターフェイスが用意されているため、仮想通貨の管理やTREZOR oneのセットアップ、受け取り・送金をスムーズに行うことができます。

今回はTrezor Walletを使って、仮想通貨の受け取りと送金のやり方について解説します。

  

 この記事の要点 

  • 仮想通貨の管理にはTrezor Walletというブラウザーインターフェイスを使う
  • Trezor Walletでは、複数の口座orアドレスを作成することができる
  • Trezor Walletでの仮想通貨の受け取りや送金の手順についてわかる

TREZOR 公式サイト

  

  

Trezor Wallet(トレザー ウォレット)について

ハードウェアウォレットTREZORと合わせて使用することによって、仮想通貨を管理することができるTrezor Walletですが、
Trezor Walletにはいくつか種類が用意されています。

  

Trezor Wallet(トレザー ウォレット)

 https://wallet.trezor.io/#/

TREZOR社が完全に検証した機能のみ追加されるウォレット。最も信頼できるウォレットであるが、その反面、完全に検証した後、新機能が追加されるため、新機能が使えるようになるまでに時間がかかる。

  

Trezor Beta Wallet(トレザー ベータ ウォレット)

 https://beta-wallet.trezor.io/#/

まだ検証段階の機能が追加されるテストウォレット。Trezor Walletに追加される前に新機能を使うことができるため、より早く新機能を使ってみたい場合に使用する。

  

Old Wallet(オールド ウォレット)

 https://old-wallet.trezor.io/#/

Trezor Walletは機能が追加されバージョンアップしていきますが、以前のバージョンを使いたい時に使用するウォレット。

  

TREZOR社公式サイトよりTrezor Walletへアクセス

今回はTrezor Walletを使っていきたいと思います。

まずTREZOR公式サイトhttps://trezor.io/にアクセスし、
右上のメニューの中からWalletをクリック。

  

接続したいハードウェアウォレットを選びます。今回はTREZOR oneを選択。

  

    

Trezorを接続してください。と表示されますので、パソコンにTREZOR oneを接続します。  

  

すると、PINを入力する画面が表示されますので、接続したTREZOR oneの画面をみながら、PINを入力します。

    

Trezor Walletの画面が表示されます。
この管理画面から、仮想通貨の残高確認や受け取り、送金など行うことができます。

  

Trezor Wallet(トレザー ウォレット)管理画面について

対応通貨について

Trezor Walletの管理画面を表示すると、初期状態ではBitcoinが選択された状態ですが、
他にもいろいろな通貨が用意されています。

通貨の切り替え方法は、左上のプルダウンメニューから通貨一覧を表示し、選択します。

ただ表示された通貨すべてがTrezor Walletのみで管理できる訳ではありません。


例えば、Ethereumを選択すると以下の画面が表示されます。

  

通貨によってはTrezor Walletとは別に、外部ウォレットとの連携が必要になってきます。

  

受け取り方法について

仮想通貨の受け取りにはアドレスが必要になるので、自分のアドレスがどうなっているのかみてみましょう。

一例としてビットコインのアドレスを表示させてみたいと思います。

  

ビットコインのアドレスを表示する

左のメニューから口座#1をクリックし、受信をクリックします。

新しいアドレスが画面に表示されます。

表示されたアドレスをみてみると、最初の英数字が「3」となっているため、セグウィットのアドレスとわかります。

  

複数のアドレスを使い分けたいときには、その他のアドレスのボタンをクリックすると、他のビットコインアドレスを表示させることもできます。

  

口座を複数使い分けたい場合には、左メニューから口座を追加することができますが、口座#1に残高がある必要があります。

口座#1に残高がない状態で口座を追加しようとすると、

最新の口座に取引がない場合、口座を追加することはできません。と表示され、追加できません。

  

レガシーアドレスも使うことができる

Trezor Walletではレガシーアドレスも使うことができます。左のメニューのレガシー口座を追加をクリックします。

  

レガシーアドレスはビットコインの古いタイプのアドレスとなるので、

新しい機能の恩恵を受けるためには、セグウィットアドレスへ切り替えましょうとされています。

  

表示されたアドレスの最初の英数字をみてみると、「1」になっていますので、レガシーアドレスになっているとわかります。

  

送金方法について

送金方法については左メニューで口座#1を選択した状態で、送信をクリック。

送金するための入力項目が表示され、上から送金先のアドレス、金額、手数料を入力することで送金することができます。 

 

まとめ

Trezor Wallet(トレザー ウォレット)はいかがでしたでしょうか?

私もはじめは、TREZOR one での受け取りや送金は難しいと感じていましたが、

実際にTrezor Walletを操作をして、管理画面が見やすく操作はしやすかったです。

機能面についても、口座やアドレスの追加を1クリックで行うことができるため、使い勝手もよさそうです。

  

TREZOR 公式サイト

  

コメント

  1. SEO Services より:

    Awesome post! Keep up the great work! 🙂