Ledger Nano S(レジャーナノS)を初期設定してみた

Ledger Live 設定完了hardware wallet

Ledger社公式サイトからハードウェアウォレットLedger Nano S(レジャーナノS)が届いたので、総合取引管理アプリLedger Live(レジャーライブ)から初期設定をしました。

Ledger Live(レジャーライブ)のインストール

Ledger Nano S マニュアル

まずLedger Nano S(レジャーナノS)に付属されていたマニュアルに書かれている

URL:start.ledgerwallet.com

にアクセスします。


Ledger HP画面

出典 : Ledger 公式サイト

Ledger 公式サイトが表示され、Ledger 製品を使うための手順がステップごとにまとめられています。

はじめにLedger Live(レジャーライブ)という総合取引管理アプリをダウンロード必要があるのですが、ダウンロードする前に対応しているPC、スマホのOSを確認します。


※Ledger Live対応OS(2020/2現在)

[PC]
Windows 8以降、macOS 10.8以降、Linux。ARMプロセッサを除く64ビットデスクトップコンピューター

[スマホ]
Android 7以降あるいはiOS 9以降(iOSの場合はデスクトップアプリからアカウントをインポートのみ)

OSを確認し、問題なければDownload Ledger Live appから選択します。


Ledger Live インストール

Ledger Live.appをApplicationsへドラッグ&ドロップします。


Ledger Live

Get startedで入手。


Ledger Nano S(レジャーナノS)本体の初期設定

次にダウンロードしたLedger Live(レジャーライブ)を開き、指示にしたがってLedger Nano S(レジャーナノS)を設定していきます。

Ledger Live 選択画面

Ledger Live(レジャーライブ)を開くと、デバイスをどうしたいのか4つの項目表示されます。

・Initialize as new device
 (新しいデバイスとして初期化)
・Restore device from recovery phrase
 (リカバリーフレーズからデバイスを復元)
・Use an initialized device
 (初期化されたデバイスを使う)
・Don’t have a Ledger device?
 (Ledgerデバイスがありません)

となっています。

今回は初期設定をしたいので、「Initialize as new device」を選択します。


デバイスの選択

Ledger Live デバイス選択画面

Ledgerのハードウェアウォレットの選択画面が表示されます。

もっているハードウェアウォレットを選択することになりますが、今回はLedger Nano S (レジャーナノS)を選択します。


PINコードを設定する

Ledger Live PIN code設定手順

PINコードを決めるための操作手順が画面に表示されます。


1.Connect the Ledger Nano S to your computer. Press both buttons to begin.
 (Ledger Nano Sをコンピューターに接続します。両方のボタンを押して開始します。)

2.Press the right button to select Configure as new device.
 (右ボタンを押して、新しいデバイスとして設定を選択します。)

3.Press the left or right button to select a digit. Press both buttons to validate.
 (左または右のボタンを押して数字を選択します。両方のボタンを押して検証します。)

4.Select ☑️ to confirm your PIN code. Select ⬅️ to erase a digit.
 (☑️を選択してPINコードを確認します。 ⬅️を選択して、数字を消去します。)


画面下にPINコードに関する注意事項が書かれています。

Always choose your own PIN code.
(いつもあなた自身のPINコードを選択してください。)

Use 8 digits for optimal security.
(最適なセキュリティのために8桁を使用してください。)

Never use a device supplied with a PIN code or a recovery phrase.
(PINコードまたはリカバリーフレーズが付属したデバイスを使用しないでください。)

設定手順と注意事項を一読したら、PINコードを設定をしていきます。


1.パソコンとLedger Nano S (レジャーナノS)を接続

Ledger Nano S 本体

本体には電源はないので、付属されていたケーブルを使ってパソコンとLedger Nano S(レジャーナノS)を接続すると、電源がつきます。

Press both buttons to begin(両方のボタンを押してください)と表示されますので、側面にある2つのボタンを両方押します。


Ledger Nano S 本体

画面表示が切り替わりながら英語の説明がされていきます。

ここでは操作方法について説明されていて
左右のボタンを押すと「選択」
両方のボタンを押すと「決定」
となっています。

そして設定を開始するには両方のボタンを押してくださいと表示されますので、押して次へいきます。


2.新しいデバイスとして設定を選択する

Ledger Nano S本体

今回は箱を開封して初めて使うことになるので、
「Configure as new device?」
を表示させた状態で右ボタンを押します。

続いて「Choose a PIN code 」と表示されますので、両方のボタンを押します。


3.Ledger Nano S(レジャーナノS)の左右のボタンでPINコードを設定する

Ledger Nano S 本体

PINコードの設定画面が表示されるので、左or右ボタンでひと桁ずつ数字を選択し、両方のボタンを押して決定していきます。

PINコードの桁については4〜8桁で設定することができますが、注意事項に書かれていたようにセキュリティ上8桁で設定した方が良さそうです。

間違えた時は?
左or右ボタンでxのマークを表示した状態で両方のボタンを押すと前の桁の数字選択に戻ります。


4.PINコードを決定する

数字を入力していき、PINコードを決定したい時は左or右のボタンで✔︎マークを表示した状態で両方のボタンを押すと決定されます。

Ledger Nano S 本体

「Confirm your PIN code」PINコードを確認してください。と出るので両方のボタンを押し、設定したPINコードを再入力します。

※ここで設定したPINコードの入力ミスをしてしまうと、PINコードの設定をやり直すことになるので慎重に入力します。


リカバリーフレーズの保存

Ledger Live リカバリーフレーズ保存手順

次にリカバリーフレーズの保存について手順が画面に表示されるので、手順を確認しておきます。

1.Write Word#1 in position 1 on a blank Recovery sheet.(空白の回復シートの位置1にWord#1を書き込みます。)

2.Press the right button to continue and write down all 24words.(右ボタンを押して続行し、24ワードすべてを書き留めます。)

3.Confirm your recovery phrase: select and validate each word by pressing both buttons.(リカバリーフレーズを確認:両方のボタンを押して、各単語を選択して検証します。)

続いて画面下にリカバリーフレーズに関する注意事項が書かれていますので、確認します。

Carefully secure your 24-word recovery phrase out of sight.(24ワードのリカバリーフレーズを見えないように慎重に保護します。)

Make sure you are the sole holder of your recovery phrase.(自分がリカバリーフレーズの唯一の所有者であることを確認してください。)

Ledger does not keep any backup of your recovery phrase.(Ledgerは、リカバリーフレーズのバックアップを保持しません。)

Never use a device supplied with a PIN code or a recovery phrase.(PINコードまたはリカバリーフレーズが付属したデバイスを使用しないでください。)

ここに書かれているリカバリーフレーズに関する内容は、Ledger Nano S(レジャーナノS)だけではなく、ハードウェアウォレットを取り扱う上で大切な内容となっています。

画面上の設定手順と注意事項を一読したら、リカバリーフレーズをメモしていきます。


1.リカバリーフレーズをメモする

「Write down your recovery Phrase」リカバリーフレーズを書いてくださいと表示されるので両方のボタンを押す。


Word#1 ◯◯◯というように英単語が表示されます。
Word#1なら付属のリカバリシートの1の位置にメモします。


2.リカバリーフレーズを全部で24単語メモする

メモすることができたら右ボタンを押し、次の単語も同様にメモしていきます。全部で24個の英単語が表示されますので、一つずつ順番にメモします。24個すべて書いたら両方のボタンを押します。

※見慣れない単語も表示されましたので、記入ミスにはご注意ください。


3.メモしたリカバリーフレーズを確認する

「Confirm your recovery phrase」リカバリーフレーズを確認してください。と表示されますので、両方のボタンを押します。


◯番目の英単語は何でしょう?
と質問されますので、先ほどメモしたリカバリーシートをみながら左右のボタンで選択していきます。

ちなみにこの質問は24個の英単語すべて聞かれるので、根気よくやる必要があります。


Ledger Nano S 本体

全て答えることができると、「your device is now ready」端末の準備が整いました。と表示されます。


セキュリティチェックリスト

Ledger Live セキュリティチェック

セキュリティの確認事項の画面となり、

1.Did you choose your PIN code by yourself?(自分でPINコードを選択しましたか?)

2.Did you save your recovery phrase by yourself?(自分でリカバリーフレーズを保存しましたか?)

3.Is your Ledger device genuine?(あなたのLedgerデバイスは本物ですか?)

と質問が表示されます。

1.PINコードの選択,2.リカバリーフレーズの保存と両方とも自分でやったのでYesを選択します。

3の本物かどうかについては「Check now」のボタンをクリックすると本物かどうかチェックする画面に切り替わります。

Ledger Live

私の体験談
デバイスを接続した状態でこの画面を表示してましたが、いくら待ってもこの渦巻きマークの状態から先に進みませんでした。
一度デバイスを抜き差しして、再度PINコードを入力すると渦巻きマークがなくなり、次に進むことができました。

「Allow Ledger Manager on your device」あなたのデバイスでLedger Managerを許可する。

ここまで進みましたら、デバイスの方で両方のボタンを押すとチェックが完了します。


Ledger Live セキュリティチェック

チェック作業が終わり、デバイスが本物であれば3のところに

「Your device is genuine」あなたのデバイスは本物です。と表示されます。

この表示がされたらContinueをクリックします。


パスワードの設定

Ledger Live パスワード設定

パスワードを設定する画面が表示されます。

PCに保存されているLedger Liveのデータ(アカウント名、残高、トランザクション、公開アドレス)への不正アクセスを防ぐためにパスワードを設定しましょうとあります。

このパスワードはPINコードとは別物となるので、新たに決める必要があります。

画面下の注意事項には

パスワードは覚えておく、人に見せない、パスワードを忘れるとLedger Live がリセットされる、リセットしても暗号資産に影響はない。
という内容が書かれています。

「New Passward」「confirm Passward」の2箇所に同じパスワードを入力したら次へ進みます。


分析とバグレポート

Ledger Live bug report

Ledger 製品、サービス、セキュリティ機能を向上させるために使用方法や診断データを共有しましょう。

といった内容が記載されています。


Ledger Live 設定完了

画面にYour device is ready!と表示され、Ledger Nano S(レジャーナノS)の初期設定ができました。続いて総合管理アプリLedger Live(レジャーライブ)の設定をすることになります。

Ledger Liveの設定についてはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨の総合管理アプリLedger Live(レジャーライブ)の初期設定のやり方について解説します
Ledger社からリリースされている仮想通貨の総合管理アプリLedger Live(レジャーライブ)の初期設定をしてみましたので、手順について解説します。

コメント