Ledger Nano S(レジャーナノエス)とMyEtherWallet(マイイーサウォレット)を連携させてみた

ethereum画像hardware wallet

イーサリアムユーザーに人気のある仮想通貨ウォレットMyEtherWallet(マイイーサウォレット)ですが、Ledger Nano S(レジャーナノエス)と連携することができるのをご存知ですか?

今回は、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成方法とLedger Nano S(レジャーナノエス)との連携方法について解説していきたいと思います。

Ledger 公式サイト

ハードウェアウォレットジャパン 公式サイト


MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ERC20トークンに対応している仮想通貨ウォレットです。その頭文字をとってMEWと呼ばれることもあります。

ウォレットの中でも、PC上での操作や管理をすることができるため、デスクトップウォレットに分類されます。

  

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)作成方法

MEW画面

はじめにMyEtherWallet(マイイーサウォレット)で新規ウォレットを作成するので、

https://www.myetherwallet.com


へ移動します。

画面の左側のボタンをクリックし、新規ウォレットを作成していきます。

 本物のサイトにそっくりなMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の偽サイト(フィッシングサイト)が存在しているようです。

Webサイトで操作を行う前に正しいアドレスかどうか確認し、Webサイトをブックマークをすることをおすすめします。

MEW画面

引き続き次に進むと、使用上の注意事項が表示されるので一通り目を通します。

MEW画面

ウォレットの作成方法ですが、MEWconnect、キーストアファイル、暗号化フレーズの中から選びます。
今回はキーストアファイルで作成していきたいと思います。

キーストアファイルで作成する場合、パスワード作成が求められるので、最低9文字のパスワードを決めます。

MEW画面

キーストアファイルを管理する際の注意事項が表示されます。

Don’t Lose it.
紛失しないでください

Don’t Share it.
共有しないでください

Make a Backup.
バックアップをとってください

注意事項を確認したら、ボタンをクリックして、キーストアファイルをダウンロードします。

MEW画面

ダウンロードが完了すると、ウォレットが作成されます。

  

Ledger Nano Sレジャーナノエス)の設定を変更する

Ledger Nano Sレジャーナノエス)をMyEtherWallet(マイイーサウォレット)と連携させるために必要な設定を変更していきます。

Ledger 設定1

Ethereumのアプリを選択します。

Ledger 設定3

Settingsを選択します。

Ledger 設定4

Contract dataを選択します。

Ledger 設定5

Yesを選択します。  

※ MyEtherWallet(マイイーサウォレット)と接続する時にはYesを選択しますが、それ以外にLedger Nano Sレジャーナノエス)を使用する場合には、こちらの設定はNoに戻しておきましょう。

  

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とLedger Nano Sレジャーナノエス)を連携する

MEW画面

次に、作成したウォレットにアクセスをしていきますので、右のボタンをクリックします。

MEW画面

ウォレットのアクセス方法を選択する画面が表示されます。

・MEWconnect
・ハードウェア
・MetaMask
・ソフトウェア

の中から選択することができますが、
今回はLedger Nano Sと連携させたいので、ハードウェアを選択します。

MEW画面

ハードウェアウォレットのメーカー一覧が表示されますので、Ledgerを選択します。

MEW画面

Chromeのイーサリアムアプリでイーサリアムを保管した場合には、上のEthereumを選択します。

Ledger Liveでイーサリアムを保管した場合には、下のEthereum -Ledger Liveを選択します。

アドレスが複数表示されるので、その中から1つ選択し、マイウォレットへアクセスします。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にアクセスすることができました。

 

まとめ

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のアクセス方法については、いくつか用意されていますが、セキュリティ性能の高いLedger Nano S(レジャーナノエス)とあわせて使用することによって、より安全に仮想通貨を管理することができるようになります。

一方、個人情報を奪おうとする偽サイトも報告されていますので、使用する際は、アドレスの確認ブックマーク登録を忘れずにしていきましょう。

  

Ledger 公式サイト

ハードウェアウォレットジャパン 公式サイト

仮想通貨 ハードウェアウォレットLedger Nano S(レジャーナノS)の使い方 記事まとめ 
仮想通貨ハードウェアウォレット Ledger Nano S (レジャーナノS)の記事一覧です。公式サイトでの購入方法や設定・使用方法など記事にしています。

コメント